タマネギのスタンプ
ポテトのスタンプ
トマトのスタンプ

オーガニックかぼちゃ

ホクホクしたオーガニックかぼちゃ

スタンプ画像

オーガニックかぼちゃ生産者一同

拝啓
オーガニック南瓜生産者一同を代表しまして、富良野 百・我が皆様へ手紙を書きます。

富良野 百・我は、自然豊かな富良野盆地に位置し、かぼちゃの他にもじゃがいもや玉ねぎ、人参などを栽培している生産者グループです。
富良野は昼夜の気温差が大きく、夜間のエネルギー消費が少ないため、デンプンがよく貯まり、美味しいかぼちゃを作ることができます。

栽培方法は、種は5月末~6月初旬に、プラスチック容器が連なった「セルトレイ」に育苗用の土を入れて、一粒ずつ蒔きます。数日後には肉厚のしっかりとした双葉が顔を出し、本葉が1~2枚になる6月中旬に、畑へ定植します。
定植する畑には、グリーンのビニルマルチ(雑草を抑制する農業資材)を張っています。透明のものですと抑制効果が低いため、中間の緑色を使用しています。

富良野では秋は9月末頃から、春は6月上旬まで霜が降り、霜に弱いかぼちゃの栽培期間は一般地より短いので、一斉に収穫できるようにしています。
かぼちゃはツルが地を這いぐんぐん長く伸びるため、畑には広い面積が必要です。その分大変になる除草作業は、通路を広くとってツルが通路へ伸びてくるまでの間に3回ほどトラクターで耕すことで効率よく対策しております。

9月、ヘタの部分が全体的に色が濃くなってきたら収穫です。完熟前に収穫する農家も多いですが、しっかり完熟させてから収穫するのがこだわりです。
ヘタが硬くなって、かぼちゃ用のハサミを使っても手にマメが出来てしまうほどですが、その分おいしくなります。

かぼちゃは天ぷらや煮物にするとおいしく食べられます。
敬具

手紙にお返事を書こう

返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、Organicの約束の商品名の記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。

生産者のプロフィール

(生産者名をクリックすると詳細が確認できます。)