タマネギのスタンプ
ポテトのスタンプ
トマトのスタンプ

オーガニック春菊

6つのこだわりが詰まったオーガニック春菊

スタンプ画像

オーガニック春菊生産者一同

北総ベジタブルが代表でお手紙を書かせていただきます。

私たちは、自社で野菜のパック工場や冷蔵倉庫を整備し、野菜の鮮度維持や早期発送できるシステムを構築しています。ハウスは、250棟に拡大し地域の産業発展や、海外実習生の受け入れを積極的に行っております。またお客様に、安心安全な野菜を提供したいという思いから、16年前に有機JASを取得し、それ以降有機農業を継続して行っています。
また野菜づくりへのこだわりは、6つ!

こだわり①堆肥
おいしい野菜作りには土づくりが基本です。その土づくりで重要な割合を占めるのが堆肥です。私たちの堆肥は、豚糞や鶏糞、米ぬかなどを中心に発酵させて何度も切り返して熟成したものを使用します。野菜にとって栄養価の高い堆肥を使っています。

こだわり②土
「農の基本は土づくり」をモットーに、それぞれの畑の土壌(土質)をみて、堆肥の量や色々な有機肥料など(有機JAS認定資材)を使い分け、肥沃な土壌を作りによっておいしい野菜に育ちます!

こだわり③熱処理
野菜の栽培には、虫や野菜の病気、連作障害、雑草といった、いくつもの弊害があります。これらは通常の栽培(慣行栽培)の場合、農薬や化学肥料を使用して防ぐことができますが、有機栽培では農薬や化学肥料を使うことができません。そこで、太陽の熱や熱水を用いて、土壌にいる野菜たちにとって悪い菌や雑草、虫の卵を除いています。野菜にとって良い菌は再度畑に撒いていますので、安全でおいしい野菜を作ることができています。

こだわり④種まき
一種類の野菜でも、種には様々な種類があります。例えば、ほうれん草であれば何十もの種類があり、その種類によって味や特徴が異なってきます。何十もの種類の中から季節や畑に合う種を選び抜くことはもちろん、季節によって最適な幅や間隔を考えて、播種(種まき)を行っています。

こだわり⑤温度管理
野菜も人と同じように、温度(気温)はとても重要です。人は寒い時、風邪を引きやすかったり、熱い時は熱中症になったりしますが、野菜にとっても同じことがいえます。
具体的には、気温の変化により寒い時には成長が遅い、暑い時は芽が出ない、暑すぎると茎が溶けてしまうなど、いろいろな症状が出てきます。
寒い時には熱が逃げないようにしたり、野菜によっては専用の保温シート(布団のような物)を使って暖めるなどして栽培しております。特に春菊は、真冬の時期に霜のせいで全滅してしまうことがあるので、温度管理、霜対策に神経を使っています。

こだわり⑥品質管理
年間を通じて害虫の被害には苦労させられます。私たちは害虫駆除の方法として、パイプハウスを使用しています。周りに防虫ネットを張り、害虫の侵入を防いでおります。
他には畑周辺の草取り、ハエ取り紙のようなものの設置、吸引機の使用など、徹底して害虫対策に取り組んでおります。

6つのこだわりで栽培した春菊は、自然本来の味がしっかりと感じられ、甘みもあります。また、日持ちが良くシャキシャキ感が長く続くと思います!
お手紙が長文になりましたが、手間暇かけて大切に育てた春菊をぜひお召し上がり下さい。

手紙にお返事を書こう

返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、Organicの約束の商品名の記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。

生産者のプロフィール

(生産者名をクリックすると詳細が確認できます。)

バックナンバー